2022年10月8日(土)~9日(日)

海と日本プロジェクトin和歌山県実行委員会(テレビ和歌山内)は、次世代を担う子どもたちに「和歌山の海」の美しさを再発見してもらい、海を守ることの大切さを再認識してもらえるように、10月8日(土)~10月9日(日)の2日間、和歌山県田辺市・白浜町で体験型学習イベント「紀南が未来を変える~わかやま海守り隊2022~」を開催しました。参加者は和歌山県内の小学校5、6年生19名で、「海守り隊」として、和歌山県が抱える持続的な水産資源確保の問題について、近畿大学水産研究所で「和歌山県の水産業の現状や水産資源を守る一つの方法である養殖業の歴史や役割」を学び、とれとれ市場で「養殖魚のマダイが加工される工程」などを学んだ後、京都大学白浜水族館や天神崎で実際に自分たちの目で見て触れて、和歌山県田辺市・白浜町近海の生き物の観察を行いました。そして、このイベントを通して、感じたことや学んだことを各自、1枚のポストカードに仕上げました。
このイベントは、次世代へ海を引き継ぐために、海を介して人と人とがつながる“日本財団「海と日本プロジェクト」”の一環です。