SDGsコミュニティを形成し、永続的に発展・運営していくための「トークン」を発行!フェンシング五輪メダリスト太田雄貴氏が「レイクスSDGsアンバサダー」就任

 プロバスケットボールチーム滋賀レイクスを運営する株式会社滋賀レイクスターズ(滋賀県大津市、代表取締役社長:釜渕俊彦)はこの度、新たなSDGsプロジェクトを始動することとなりました。
 株式会社フィナンシェが提供するブロックチェーン技術を利用したクラウドファンディング2.0「FiNANCiE」上で、レイクスを軸としたSDGsコミュニティを形成し、永続的に発展・運営していくための「トークン」を発行し、2022年10月12日(水)11:00より、販売を開始いたします。
 このSDGsコミュニティを活性化するため、フェンシングのオリンピックメダリストである太田雄貴氏に「レイクスSDGsアンバサダー」に就任していただきます。
 滋賀レイクスはSDGsコミュニティを、トークンによって持続可能な形で発展させていくことにチャレンジして参ります。