プラスチック使用量を約23%、2023年1月より販売開始予定

株式会社TBM(本社:東京都千代田区、代表取締役CEO:山﨑敦義、以下 TBM)の「LIMEX Sheet(ライメックスシート)」(真空成形*1グレード)が、株式会社おとうふ工房いしかわ(本社:愛知県高浜市、代表取締役:石川伸、以下 おとうふ工房いしかわ)のトップブランド「究極のきぬ」と「至高のもめん」シリーズの豆腐容器に採用されました。2023年1月より、おとうふ工房いしかわの直営店や全国のスーパーなどで販売が開始される予定です。

従来のプラスチック容器からLIMEX Sheetを使用した容器に切り替えることで、プラスチック使用量を年間約23%、温室効果ガス排出量を約11%削減することができる見込みです*2。LIMEX は単一素材で設計された製品と同様、既存のリサイクル設備でも再生利用ができます。今後TBMとおとうふ工房いしかわは、愛知県内の資源循環を促進すべく、LIMEX製豆腐容器の回収システムを構築して参ります。