賃貸集合住宅のCO2排出量は“ゼロ”から“マイナス”へ

大東建託株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:小林克満)は、10月5日より、当社の全国8営業エリア※1において、LCCM(ライフ・サイクル・カーボン・マイナス)基準を満たす賃貸集合住宅の新商品『NEW RiSE LCCM(ニューライズ エル・シー・シー・エム)』の販売を開始します。
LCCM住宅とは、建物のライフサイクル(建築から解体まで)におけるCO2の収支をマイナスにする住宅のことで、LCCM基準を満たす規格型の賃貸集合住宅商品は国内初※2となります。
当社は今後も、「LCCM賃貸集合住宅」の普及に取り組むことで、建物の資産価値・社会的価値向上と、企業活動を通じた脱炭素社会の実現に貢献していきます。
※1 北関東・関越、西関東、東関東、東海、西首都圏、南首都圏、中京、中部
※2 一般社団法人住宅・建築SDGs推進センター(IBECs)のLCCM住宅認定取得一覧(https://www.ibec.or.jp/rating/lccm-list.html)より、当社調べ(2022年10月)