国連広報センターは、本日、メディアの力を通じて気候変動対策のアクションを呼びかけるキャンペーン「1.5℃の約束 - いますぐ動こう、気温上昇を止めるために。」の動画コンテンツを全国12都市の街頭ビジョンで一斉に放映を開始します。動画は、札幌、仙台、東京、横浜、金沢、名古屋、大阪、神戸、広島、松山、福岡、那覇で、本キャンペーンが9月19日(月)からに2カ月間の強化期間に入るのに先立ち、本日より放映されます。

街頭ビジョンで放映される動画は、国連広報センターが制作したキャンペーン告知動画「あと0.4℃」です。本動画は、世界の平均気温の上昇を産業革命以前と比較して1.5℃に抑えるためには、人類にわずかな猶予しか残されていないことを説明しています。