“住み続けたくなる未来の大阪”を小学生が考える

一般財団法人ピースコミュニケーション財団(東京都渋谷区渋谷3丁目3番5号 代表理事:一木広治)は大阪府内の小学4~6年生約50人が、SDGsの観点から“住み続けたくなる未来の大阪”について考え、話し合い、発表するワークショップ型イベント「大阪こども未来国連会議」を、9月17日(土)グランフロント大阪・ナレッジシアターにて開催します。
 「こども未来国連会議」は平和で豊かな世界についてみんなで表現しあい、語り合う“ピースコミュニケーション”の場として、2021年以降東京で毎年開催されていて、今回は国内展開として初の大阪版を実施します。