~世界に誇る日本食を担う職人養成学校を設立!10月3日、東京・新宿に「焼鳥職人コース」と「寿司職人コース」が同時開校~

飲食店の運営の他、飲食店等を中⼼としたサービス業を展開する企業への経営サポートを手掛けるG-FACTORY株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:⽚平 雅之)は、寿司、焼鳥、そば・うどん、ラーメンといった「日本の食文化」を担う人材を育成、輩出する職人養成スクール「飲食塾」を、東京都新宿区に設立します。

●新時代の料理人は「社会的課題」と向き合うことが重要
「飲食塾」の校長に就任する宇都裕昭氏(過去にも寿司学校を創設して話題に)は、「これからの飲食店は“繁盛店”や“おいしい料理を提供する”では長続きしません。社会や地域に共感、認められる必要があります」と語ります。食品ロス削減や地方創生の起爆剤など、飲食店におけるSDGsに関連した取り組み・可能性は多岐にわたります。飲食塾では、それらを学ぶだけでは不十分と考え、料理人・職人輩出機関として「料理人ならでは、調理学校ならではのSDGs」に取り組んでまいります。