-ゼオライト系CO2分離回収システムの実証開始へ-

旭化成株式会社(本社:東京都千代田区、社長:工藤 幸四郎、以下「当社」)と倉敷市(岡山県倉敷市、市長:伊東 香織)は、本日、岡山県倉敷市にてバイオガス精製システム(以下「本システム」)の性能評価、実証を行う契約を締結したことをお知らせします。
なお、当社の製造統括本部 水島製造所と倉敷市は、これに先駆けて同日、カーボンニュートラル社会の実現に向けた包括連携協定を締結しました。本件脱炭素化に資する実証実験の推進は、両者の連携項目の一つにあたります