乳化と分離の制御によるCO2排出と廃棄量の削減

ポーラ・オルビスグループの研究・開発・生産を担うポーラ化成工業株式会社(本社:神奈川県横浜市、社長:釘丸和也)は、2022年9月19日~22日にイギリス・ロンドンで開催される第32 回国際化粧品技術者会連盟(以下 IFSCC)世界大会のポスター発表部門において、化粧品乳化物をリサイクルするための新技術を発表します。
この知見は、今後、ポーラ・オルビスグループの商品・サービスに応用されます。 

■論文タイトル
『SDGs時代のための乳化技術の新規応用 ~乳化と分離の制御による廃棄量削減~ 』
英文名:“New Application of Emulsification Technology for the SDGs Era ~Reducing waste through control of emulsification and separation~”
発表者: 木村 勇輝1、瀬田 啓一郎2、加治 恵2
1ポーラ化成工業㈱ フロンティアリサーチセンター、2ポーラ化成工業㈱ 製品設計開発部 内容物開発センター