新たな林業の担い手の確保・育成を目的に、森林・林業に関心を持つ方を対象に実施する説明・相談会

■名古屋:9月23日(金・祝日)、大阪:10月8日(土)、東京:10月22日(土)、福岡:11月5日(土)に実施
■参加費無料/服装自由/事前予約制(各会場とも)。森林の仕事ガイダンス特設サイトで事前予約を受付中
■全国の森林で、新規就業者がフォレストワーカーを目指し研修に取り組んでいます。「緑の雇用」事業開始から19年間で、2万1,000人を超える新規就業者が誕生しています

 全国森林組合連合会(代表理事会長:中崎和久、東京都千代田区)は、林業就業への入口として行う林業就業相談会「森林(もり)の仕事ガイダンス」を東京、大阪、名古屋、福岡の4都市で、9月から11月にかけて開催します。ガイダンス会場には、参加予定都道府県の林業労働力確保支援センター*等による「都道府県相談ブース」、全国森林組合連合会による総合的な相談窓口「総合相談ブース」を設け、各地の林業に関する情報や林業の仕事内容、就業までの流れについての説明や来場者からの相談に応じます(ガイダンス会場での就職の斡旋は行いません)。多様な働き方が求められる中、自然を相手に働き、成果を100年先につなぐ林業への関心は高まっています。森林・林業に関心を持つ多くの方の参加をお待ちしています。
 当ガイダンスは、会場の密集防止のため事前予約制による入場人数制限を行う等の新型コロナウイルス感染症対策を講じ、来場者や対応者の安全・安心に配慮した上で実施します。