2022年6月~8月にかけて全国各地の学校やご自宅に教材発送、オンラインイベントを複数開催

お茶の水女子大学湾岸生物教育研究所は、全国の小中高校と一般の方にウニの未受精卵と精子を教材として発送し、それぞれの場所で発生実験を行い、オンラインイベントで利用者同士を繋いで一体感をもってもらうイベント、「全国一斉ウニの発生体験」を年3回(夏、秋、冬)開催しています。2022年6月-8月実施の夏のイベントではタコノマクラというウニを用いて、学校36校と一般18件が受精実験教材を利用した発生体験を行いました。そのうち37件は追加教材を利用した幼生飼育にも挑戦しました。受精実験も幼生飼育も「実際にタコノマクラが暮らしている海の環境に近づけること」が成功のポイントで、特に夏の取り組みは温度制御に苦労しながらの挑戦となり、海の中が真夏でも猛暑とはならない環境であることを実感することとなりました。幼生飼育が一段落した8月下旬には”表現作品コンテスト‴を開催しました。今回のウニ教材利用を通じてそれぞれが海について学んだことを表現した作品を出品してもらい、オンライン上で展示と相互投票を行ってグランプリを決めました。
このイベントは、次世代へ海を引き継ぐために、海を介して人と人とがつながる“日本財団「海と日本プロジェクト」”の一環です。