地域課題解決型企業を目指すフエゴインターナショナルが千葉県睦沢町の特産品である干しいも「むつぼしいも」をふんだんに練り込んだプレミアムジェラートの販売を開始。

近年、注目を集める食用コオロギの養殖事業を手がけ、高品質な食材の調達・加工技術が強みのフエゴインターナショナル株式会社(千葉県、代表取締役:村山敏弘)は、千葉県睦沢町の地域特産品である干しいも「むつぼしいも」の生産時に発生する食品残渣を活用したジェラート「-10℃ Mutsu Boshi Gelato(マイナスジュウドシームツボシジェラート)」の販売を開始しました。