脱炭素社会の実現に向けたタクシーのEV化を推進

・両社のカーボンニュートラル実現に向けた企業姿勢と方向性が合致しIONIQ 5の導入が決定
・MKとしては初の本格的なEVの導入となり、2022年夏より50台の納車を順次開始予定
・広い空間性と室内V2L機能などにより、ムービングラウンジとしてお客様に多様な利便性を提供
・両社ともに今回のコラボレーションが京都市の目指す脱炭素社会の実現に寄与することを期待