​国連が定める3月22日の世界水の日に合わせ、水・衛生専門の国際NGOウォーターエイドと英国地質調査所(BGS)が発表した調査により、アフリカのほとんどの国には、干ばつが発生しても最低5年間、場合によっては50年以上、人々が十分な飲み水を確保できる量の地下水があることが明らかになりました。