不登校児童、ひとり親・外国人・介護者の孤立、グレーゾーン、ひきこもり…従来の取り組みでは拾いきれない「狭間のニーズ」を地域で発見・支援していくための指針となる「参加支援」推進の手引を無料公開します。

株式会社Ridilover(以下、「リディラバ」代表取締役:安部敏樹)は、厚生労働省令和3年度社会福祉推進事業(国庫補助事業)に採択され、「重層的支援体制整備事業の促進に向けた多様な分野と連携した参加支援の在り方に関する調査研究事業」(以下、「本事業」)を実施しています。このたび、その調査の成果物として、重層的支援体制整備事業「参加支援」推進のための手引きを作成、公開しました。
従来の取組ではカバーできない「制度の狭間」の困難を抱える当事者が社会へ参加していくためのサポートである「参加支援」。
この手引きでは、自治体が地域事業者・住民と連携して「参加支援」を推進していくためのポイントを整理しています。