1点もの、50通りのアップサイクルデニムバッグは全て手作業で作るオリジナルアイテム

2022年3月26日(土)より 三越伊勢丹オンラインストアにて販売開始

詳細URL:https://www.familiar.co.jp/news/denim_de_mirai.html

 株式会社ファミリア(所在地:神戸市中央区、代表取締役社長 岡崎忠彦)は、伊勢丹新宿店が主体となっているプロジェクト「デニム de ミライ~Denim Project~」に賛同し、<リーバイス® 501®>のユーズドストックとファミリアの残反を使って、ファミリアのロングセラーアイテム「デニムバッグ」を作成しました。2022年3月26日(土)より、三越伊勢丹オンラインストアにて50点限定で販売いたします。
 「デニム de ミライ~Denim Project~」は、リーバイス® 501®のユーズドストックを国内外の60以上のブランドやクリエーター、アーティストの手を介し、もう一度蘇らせていくことにチャレンジした“持続可能なプロジェクト”です。ファミリアが1950年の創業から変わらず大切にしている価値観「ファミリアが考えるSDGs」への想いからプロジェクトへの賛同が決定しました。
 ファミリアは、生産にあたり新たな資材は発注せず、すべて残反から手作業でアイテムを製作することで、本企画の根幹となるアップサイクルを用いました。デニムバッグの本体は、リーバイス® 501®のユーズドストック生地を使用。裏地や合成皮革(以下「合皮」)部分には、ファミリアのデニムバッグやお洋服を作る際に発生する残反を活用しています。さらに本体生地を裁断した残りの端材は、持ち手部分やチャームに活用することで、できるだけ資材を残さないように工夫しました。
 今回のプロジェクトでは、ファミリアならではの「モノづくり」を通して、子どもの笑顔溢れる未来を目指します。