同性・内縁パートナーにも同等の福利厚生、だれでもトイレの導入など多様な人材の採用、働きやすい環境に向けた制度改定を実施

マーケティング・オペレーション改善を一気通貫で支援するMIC (ミック)株式会社(本社:東京都新宿区、 代表取締役社長:河合克也、以下、 MIC、旧:水上印刷株式会社)は、ダイバーシティ&インクルージョンの推進のため、社内規定上の配偶者の定義を見直し、同性パートナー・内縁パートナーを含むものとする「MICパートナーシップ制度」の導入をいたしました。また、本社屋1階のトイレを「誰でもトイレ」として障がいの有無や性別を問わずだれもが安心して利用できる設備としました。

東京都でも同性カップルの関係を公的に認知する「同性パートナーシップ制度」について、2022度内に導入する方針を示しました。2022年1月1日に社名変更をし、新しいスタートを切るMICは、近年会社の成長と共に様々な職種やバックグラウンドを持つ社員を擁する企業へと成長しました。ダイバーシティが進む中で将来にわたって全ての社員が安心して長く働ける環境作りのため、制度改定を決定しました。
MICはこれからもSDGsを推進し、ジェンダー平等を実現する企業運営に努めてまいります。