イーダブルジー、中古物件流通を活性化させるSDGs貢献事業を展開。募集開始の不特法商品、トモタク11号ファンド物件も本来は購入を渋られる物件だった?

SDGsにおける「住み続けられるまちづくり」それが不特法(不動産特定共同事業法)のビジネススキームにはある。借地権や既存不適格の物件は一般的には敬遠されがちだ。不動産屋も敬遠するそれらの物件を続々と購入する理由は、「不特法商品にするから」である。