国内外に60施設を運営し、旅を楽しくする星野リゾートは、2022年中に歯ブラシを捨てない仕組みを国内51すべての宿泊施設に導入します。本取り組みでは、年間100万本以上も廃棄されている使用済み歯ブラシを回収し、リサイクル(再資源化)することで、歯ブラシに使用されるプラスチックの資源循環を推進します。すでに、独創的なテーマで圧倒的非日常を提供する「星のや」への導入が完了しており、現在、その他の国内宿泊施設への導入を進めています。当社は開業当初から水力発電を活用し、その後も持続可能な観光の実現のために、経済価値と社会価値を両立するCSV経営(CSV:共通価値の創造)が重要だと考え、様々な活動に取り組んできました。プラスチックごみを減らす本取り組みも、この活動の一環です。