京都の自動車部品メーカー・サンコール(本社:京都市、社長:大谷忠雄)は2022年7月、同社にて製作した「竹炭サステナブル・オブジェ」を京都府庁へ進呈しました。(写真1)里山・竹害問題を周知するため、京都府のイベントなどで使用頂くことが期待されています。

「竹炭事業」は、サンコールが京都府宮津市の放置竹林問題の解決をコンセプトに展開している地域貢献型サステナブル事業です。このたび進呈した「竹炭サステナブル・オブジェ」は、当社製品「竹炭」を配合して自作したオリジナル水性塗料を、京都府の誇る伝統産業「北山丸太」へ塗布した、PR用オブジェです。炭のもつマットな風合いを馴染ませ、北山杉の美しい木目を浮かび上がらせ、その美しさを引き立てています。
 当社の取り組む放置竹林問題、里山資源の価値を広く世の中に顕揚することを目的として、竹炭事業チームの手により、企画・製作されました。今回の進呈先である京都府農林水産部林業振興課では、今後このオブジェを林業振興イベントなどで展示し、 府民の皆様への里山問題の啓発に活用することを予定されています。