日鉄エンジニアリング株式会社(代表取締役社長:石倭行人、東京都品川区、以下「当社」)は、このたび高知県(高知県知事:濵田省司)、四万十市(四万十市長:中平正宏)との間で、「環境先進企業との協働の森づくり事業※」のパートナーズ協定の契約を更新いたしました。

本協定は、高知県と四万十市が、環境先進企業とタイアップして取り組んでいる森林保全活動であり、高知県四万十市の広域ごみ処理施設「幡多(はた)クリーンセンター」の操業を受託している日鉄環境エネルギーソリューション株式会社(当社の100%子会社)が過去10年間継続してきた取り組みを、日鉄エンジニアリンググループが引き継ぎ、その後3年間で56.2㌧-CO2吸収量に寄与し、今回契約更新するものです。


※ 協働の森づくり事業:森林率全国一の森林県である高知県が平成17年度より始めたもので、「森の力」をシンボルマークとして森林の整備(植栽・下刈り・間伐)、企業と地域の交流の促進を通じ「森林の再生」を目指すものです。