都ホテル 京都⼋条(所在地:京都市南区西九条院町17)が目指すSDGsのひとつに、フードロス問題への取組みがあります。そこで新たに、生ごみリサイクルによる食の循環を目標とした「コンポスト」の運用を開始しました。

ホテル厨房から出た野菜くずの一部をコンポストで堆肥化し、その土で栽培したハーブなどをレストランで提供することにより、小規模ながらも循環型社会を目指したサービスを実現。一歩一歩、環境に優しいホテルを目指します。この取組み「#たべるめぐるホテル」は、2021年より共同で“食のSDGsプロジェクト”を進めている、京都府立農芸高校の協力によるものです。​