武蔵野大学(東京都江東区)は新型コロナウイルス感染拡大の影響により、2020年~21年の間、対面での学外学修「フィールド・スタディーズ」(以下、FS)の実施を見送っていましたが、今年より学生のワクチン接種等を条件に対面でのFSプログラムを国内外で再開します。今夏実施予定の66プログラムの1つとして8月17日(水)~27日(土)にかけて、本学学生10名が鹿児島県徳之島でエコツーリズム企画を考案するプログラムに参加します。今年度は「鹿児島県SDGs未来都市『徳之島』 “豊かさ”溢れる島民の暮らしエコツーリズム開発体験」として、内容を新たにして現地での活動を再開します。

※8月4日現在の予定であり、新型コロナウイルス感染症の感染状況により変更になる可能性があります