「次の時代に繋げる」意識を表現するリノベーションオフィスを今後も提供

一棟ビルリノベーションブランド「JP-BASE(ジェーピーベース)」を展開するジャパン・プロパティーズ株式会社(所在地:東京都港区六本木、代表取締役:高 将司、以下「当社」)は、2022年6月に「JP-BASE京橋」のリノベーションを完工しました。
当社は「JP-BASE京橋」を、SDGsを意識するオフィスとして位置づけるとともに、今後、「JP-BASE」シリーズ全般においても、SDGsを意識した取り組みを行っていくものといたします。その背景には、リノベーションと新築建替えを比較した場合の資源投入量・廃棄物発生量の少なさや、「良いものを残し次の時代に繋いでいく」というシリーズの理念を体現した内装の特徴が挙げられます。