*本件は共同リリースのため、重複して配信される場合があります。ご了承くださいませ。

一般社団法人関西イノベーションセンター(代表理事 林 安秀(はやしやすひで)、以下 当社団)と、顧客の声(Voice of Customer 以下 VOC)を活用したマーケティングおよび業界特化型の顧客データ基盤(Customer Data Platform 以下 CDP)を手掛ける株式会社Koeeru(代表取締役 マクドウェル マイケル グレゴリー、以下 Koeeru)は、VOCを集めて宿泊事業者のプランニングにつなげる施策として「Voice for Osaka:声でつながる大阪応援プロジェクト」の実証実験を、2022年7月15日(金)より順次開始します。
本取り組みは、当社団が運営するイノベーション創出拠点MUIC Kansai(以下 MUIC)の課題解決プログラムとして採択され、MUICの会員企業とそのグループ企業が運営するホテルと協業し、会社の垣根を越えた業界連携の取り組みとして進めてまいります。