「容積を地球と共有し、森や多様な生命体を都市へと流通する」

ブランド・デザイン戦略支援サービスを展開する株式会社アーキセプトシティ (本社:東京都渋谷区、代表取締役:室井淳司)は、2021年9月に発表した都市型の小型戸建住宅ブランド「KITO」(キト)のコンセプトモデルを神奈川県南葉山で開発しました。

KITOは「容積を地球と共有し、森や多様な生命体を都市へと流通する」をコンセプトに、敷地容積の25%を非建築容積と位置付け、小型の建築と木々やビオトープを併設する環境共生価値を思想基盤とする住宅ブランドです。