持続可能な環境課題への貢献と、園児・保育士への啓発を推進

「⼦ども・保護者・職員」三者の笑顔に満ちた子育て環境の創出を⽬的に、東京を中心に保育所「さくらさくみらい」の運営を⾏う株式会社さくらさくみらい(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:西尾 義隆、以下「当社」)は、2022年4月より順次、園児・職員へのSDGsの理解促進の取り組みとして、廃食油リサイクルにより生まれた「ヱスケー石鹸」のさくらさくみらい各園への導入を開始いたしました。また6月より、SDGsのロゴをあしらったオリジナルデザインのボトルの導入も開始し、更なるSDGsの啓発に努めています。