京阪グループのフラッグシップホテル「THE THOUSAND KYOTO(ザ・サウザンド キョウト)」(京都市下京区・総支配人:井上貴史)は、2021年5月にホテル屋上にミツバチの巣箱を設置し、京都のホテルでは初めての取り組みとなる「都市養蜂プロジェクト」を始動いたしました。その後、約1年経過した2022年5月、大切に育てたミツバチからの恵みであるはちみつを採取しました。
京都駅前のホテル屋上に設置したミツバチの巣箱から採取したこのはちみつは、半径2~3km圏内にある京都市内の樹木、植木、花など身近な蜜源からミツバチが運んできたものです。そのおすそ分けをいただき、ホテルの屋上で採れた食材として、今後ホテル内レストランでの提供や、瓶詰での販売等、商品化によってお客さまにご提供してまいります。